amazonギフト券の残高は譲渡可能?

amazonギフト券を貰ったが、使用しないからいらないと考えている人も多いのではないでしょうか。
買取や個人売買でお金にする方法もありますが、知り合いや親戚などに譲るという方法もあります。
そこで気になるのが、amazonギフト券は譲渡しても問題ないのかどうかです。

 

amazonギフト券は、amazon内ではお金としての価値があるのですが、本来はお金としてではなく一つの商品としての価値になります。
家電製品や服等と同様に、誰かに譲渡しても違法になりませんし、amazon規約としても問題はありません。
プレゼント用として贈られることが多いですので、譲渡することに関しては特に問題なしという解釈で良いです。
ただし、譲渡するためにはアカウント登録しないこと、一度でも使用してはいけないことなどの条件があります。

 

amazonギフト券は、アカウント登録しないと使えない特徴があり、さらに一度登録してしまうと移行できないようになっています。
多少でもギフト券使用をしてしまうと、そのアカウントに残金が自動的に登録されてしまうようになります。
アカウント登録されてしまうと、その人のギフト券となりますので、譲渡することができません。

 

amazonギフト券は譲渡可能で問題ない行為だけれども、いくつかの条件があると理解しておきましょう。

 

amazonギフト券のアカウントごと譲渡するのか可能?

 

amazonギフト券は一度アカウント登録してしまうと移行できなくなるので、簡単に譲渡することはできません。
そこでアカウントごと譲渡すれば良いのでは?と考える人もいるのではないでしょうか。
ではアカウントごと譲渡する方法は可能としているのでしょうか。

 

アカウントごとの譲渡は、可能としているが問題があります。
アカウント譲渡は違法としているわけではなく、amazonでも名義変更を可能としています。
そのため、譲渡しても問題なく使用する事が出来るのですが、ただし全く問題なくトラブルも起こらないわけではありません。

 

まず、amazon名義変更を可能としているけれども、譲渡しても良いですよと明確にしているわけではありません。
そのため、譲渡することによって、アカウント停止されてしまう可能性が0ではなくなります。
譲渡するなら、まずはamazonに連絡し許可を得る必要があります。

 

また、アカウントそのままの状態で譲渡してしまうのは非常に危険です。
amazonアカウントには個人情報だけでなく、クレジットカード情報も登録されています。
親戚なら個人情報だけなら問題は起こりませんが、しかしクレジットカードの情報もそのままにしておくと、勝手に使用されてしまう可能性が出ます。
大きなトラブルに発展してしまう可能性が出ますので、クレジットカード情報は出来るだけ削除しておきましょう。

 

アカウントごと譲渡は、トラブル発展の可能性が多少でもあるからこそ、出来るだけしないようにすることがオススメです。

 

詐欺のない安全に取引の出来るAmazonギフト券の買取が出来ます。

アマテラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Amazonギフト券の買取ランキング

ランキング1位
アマテラのランキング アマテラは、Amazon買取業者の中でもトップクラスの実績があります。口コミや評判でも良い意見が多く、初めて利用する方にも安心と言えます。また、最低額面500円から買取をしてもらえるのも使いやすい理由のひとつとなっています。

⇒アマテラの申し込みはこちらから出来ます。

ランキング2位
買取ボブのランキング 買取率は最大94%と業界でもトップクラスの買取率となっています。比較的新しい買取業者ではありますが、多くの実績もあります。高い換金率の業者ですが、最低買取額面も3,000円からなので利用しやすいと言えます。

⇒買取ボブの申し込みはこちらから出来ます。

ランキング3位
森のギフトのランキング 他の買取業者と比べても、非常に高い換金率となっています。しかしながら、最低買取額面が30,000円からとハードルが高くなっています。30,000円以上の買取の場合には、森のギフト一択でも問題ないでしょう。

⇒森のギフトの申し込みはこちらから出来ます。