amazonギフト券は種類によって買取も違う

amazonギフト券は、メールタイプとカードタイプ、そして印刷タイプとシートタイプがあります。
種類が違ったとしても価値に違いはでません。
しかし、買取に関しては種類によって違いが出てしまいますので、どのタイプだと有利に買取してもらえるのかを知ることも大事です。

 

amazonギフト券でどのような違いが出るのかというと、それは買取OKNGの違いと買取金額の違い、そして入金時間の違いです。
amazonギフト券は種類はあるのですが、アカウント登録する方法は一緒で、ネット上で買取してもらう際にも大きな違いがあるお店は少ないです。

 

しかし、ネット上でもメールタイプなら番号を教えればいいけれどもカードタイプになるとカードを送ってくださいとするお店があります。
カードを送らなければいけなくなると、発送に時間が必要としてしまうため即日買取をしてもらう事が出来ません。
入金時間に違いが出るのは、買取希望している人にとって重要なポイントになります。

 

さらに、ネット上で買取可能としているお店の中には、メールタイプとカードや印刷タイプに買取金額の違いを多少付けている場合もあります。
メールタイプが比較的高めに設定されていて、カード種類によって買取金額も違ってくるので注意が必要です。

 

またネット上ではなくお店に行き買取をしてもらおうとなった場合、買取OKNGの違いも出てきてしまいます。
amazonギフト券を専門として扱っているお店ならどのタイプでも買取りしてもらえるのですが、金券ショップになるとカードタイプ以外NGにしている所もあります。

 

どの種類のamazonギフト券を持っているのかによって、オススメしたい買取方法が違ってきますので、買取の違いや特徴を覚えておきましょう。

 

amazonギフト券買取で有利になるのがメールタイプとシートタイプ

 

amazonギフト券の種類によって買取が有利になる場合もあれば不利になる場合もあります。
買取有利となるのが、メールタイプとシートタイプです。

 

メールタイプは、有効期限が1年と短いけれども、扱いしやすく求める人が多いため、メールタイプだと1%ほどではありますが買取アップしています。
また、店舗により違いますが入金タイミングがメールタイプになると最速で8分としているお店もあるほどで、メールタイプが非常に有利な条件で買取してもらえます。

 

シートタイプになると、買取金額アップや入金タイミングに関して優れているわけではありません。
しかし、有効期限で優れているタイプになり、買取にも有利に働いてくれます。

 

メールタイプやカードタイプなど法人ギフトではない場合有効期限が1年ですが、シートタイプになると有効期限が3年になります。
有効期限が長いとそれだけ焦らずゆっくりと買取してもらうことができるため、買取金額がアップしている期間に売れるようになるため、多少でも換金率を上げられます。

 

もし換金目的でamazonギフト券購入をしようとしているなら、メールタイプかもしくはシートタイプの購入がオススメです。

 

詐欺のない安全に取引の出来るAmazonギフト券の買取が出来ます。

アマテラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Amazonギフト券の買取ランキング

ランキング1位
アマテラのランキング アマテラは、Amazon買取業者の中でもトップクラスの実績があります。口コミや評判でも良い意見が多く、初めて利用する方にも安心と言えます。また、最低額面500円から買取をしてもらえるのも使いやすい理由のひとつとなっています。

⇒アマテラの申し込みはこちらから出来ます。

ランキング2位
買取ボブのランキング 買取率は最大94%と業界でもトップクラスの買取率となっています。比較的新しい買取業者ではありますが、多くの実績もあります。高い換金率の業者ですが、最低買取額面も3,000円からなので利用しやすいと言えます。

⇒買取ボブの申し込みはこちらから出来ます。

ランキング3位
森のギフトのランキング 他の買取業者と比べても、非常に高い換金率となっています。しかしながら、最低買取額面が30,000円からとハードルが高くなっています。30,000円以上の買取の場合には、森のギフト一択でも問題ないでしょう。

⇒森のギフトの申し込みはこちらから出来ます。